(認定NPO法人) 特定非営利活動法人嘉穂劇場

活動報告  定款  役員
----------------------------
2004年(H16)1月9日 NPO法人設立
2015年(H27)4月1日 仮認定NPO法人として認定(福岡県)
2017年(H29)4月1日 認定NPO法人として認定(福岡県)

. 設立経緯 2003年(平成15年)7月19日、北部九州豪雨により浸水し舞台、客席 が浮き上がる壊滅的な被害を受けるが、復旧を望む声に応え、8月 復旧委員会を発足させ募金活動を開始する。
2004年1月NPO法人の認証を得て、合資会社嘉穂劇場より劇場及びそ の敷地の寄贈を受けてNPO法人嘉穂劇場を発足させる。
4月「宝くじ」「オートレース」の助成を受け復旧工事にかかる
1年間の復旧工事の後、劇場としての運営を開始する

.  目 的  我が国の伝統的な文化を継承する劇場の活用をはかり、 地域と結びついた演劇活動の活性化と育成をめざし、 地域文化の形成に寄与するとともに、地域の人々と 一体化した各種の文化活動の拠点として、講演、 研究活動、参加型芸術活動、伝統芸能の伝承などを とおして地域の活性化をはかることを目的とする。
--------------------------------------------------------------------------
2003年(H15)7月北部九州豪雨被災。
8月豪雨被害より復旧(復原)するため、復旧委員会を設立 (県、市、地元団体などで構成。募金・工事小委員会を置く)
募金小委員会による募金活動を開始するとともに、NPO設立に執りかかる。
9月合資会社嘉穂劇場が復原のための調査設計を松井建設鰍ノ発注。半解体工事に着手。(工事費3千万円)
2004年(H16) 1月福岡県よりNPO法人の認証を得る。理事長伊藤英子
復原のための準備工事に着手。
4月日本宝くじ協会(2億円)、日本小型自動車振興会(2/3助成1億5千万円)よりの助成決定。
復原工事に着手。
7月復原工事完工。水害より1周年の7月19日復旧記念式典を実施。
セリ機構の復元工事、周辺整備工事。
9月平成こけら落とし公演「全国座長大会」を実施。
12月復旧記念公演の一環として「嘉穂劇場第九」を実施。
2005年(H17)3月3月末までに復旧記念公演として計8公演を実施。
7月復旧1周年記念 劇場子どもキャンプ実施。
2007年(H19)8月理事長 伊藤英昭就任
2014年(H26)10月福岡県へ仮認定NPO法人申請
2015年(H27)4月仮認定NPO法人に認定される
2016年(H28)10月福岡県へ認定NPO法人申請
2017年(H29)4月認定NPO法人に認定される
-------------------------------------------------------------------------
劇場の利用状況は「公演記録」参照