篠原ともえの旦那はアートディレクターの池澤樹氏!才能の開花は旦那の影響!?

篠原ともえエンタメ

タレントで、現在はファッションデザイナーとして活躍する篠原ともえさん。以前はオリジナリティあふれるファッションと個性で「シノラー」ブームを巻き起こした彼女ですが、旦那さんについては意外と知らない人も多いはず。

そこで、今回は篠原ともえさんの旦那さんについて調べてみました!

スポンサーリンク 


篠原ともえが世界的広告賞で二冠を達成!

篠原ともえさんが、世界的な広告賞で2冠を達成したことがニュースになりました。

スポンサーリンク 



篠原ともえが二冠を達成したニューヨークADC賞とは?

ニューヨークADC賞は、1921年に広告美術団体「アート・ディレクターズ・クラブ(ADC)」によって設立され、今年で第101回目を迎えた世界で最も歴史のある広告デザインの国際賞です。

今年は54カ国から10,565作品のエントリーがあり、95の金賞、114の銀賞、172の銅賞、381のメリット賞が選出され、2022年5月18日にニューヨークで贈賞式が開催されました。

引用:JIJI.com

篠原さんは、受賞にあたって次のようにコメントされています。

「この作品は、日本の皮革産業を支える職人の方々の技術の賜物です。今回、すでに定年退職された職人さんにも、その方の優れた技巧が本作を作り上げるうえで必要不可欠ということでご参加いただいたのですが、この取り組みをきっかけに、その技術が再認識され、継承の流れが生まれたとお聞きしたときは、言葉になりませんでした。ものを形にするだけでなく、こうしたかけがえのない伝統の橋渡しをすることも、私たちデザイナーの責務だと思っております。今後もデザインやアートの力を信じ、世界へさまざまな魅力をお届けできるよう精進してまいります」

引用:madame FIGARO・jp

スポンサーリンク 


篠原ともえの旦那はアートディレクターの池澤樹氏

篠原ともえさんの旦那さんは、アートディレクターの池澤樹(いけざわたつき)さんで、篠原ともえさんは夫について「友人であり、仲間であり、恩師」と雑誌のインタビューで尊敬する存在であることを語っています。

池澤樹氏

スポンサーリンク 



池澤樹氏のプロフィール

  • 名前:池澤樹(いけざわたつき)
  • 生年月日:1981年6月5日(40歳)
  • 出身校:武蔵野美術大学デザイン情報学科卒
  • 職業:アートディレクター、グラフィックデザイナー
  • 配偶者:篠原ともえ

テレビCMをはじめ、パッケージデザインやロゴデザインまでを幅広く手掛けるアートディレクターとして活躍されています。

インスタグラムに手掛けられた広告が載っていますが、どれも有名企業ばかりで素晴らしい仕事をされていることがわかりますよね!

スポンサーリンク 


篠原ともえと池澤氏(旦那)の馴れ初め

2人の出会いは2018年の9月とされており、お互いがともにアートへの情熱を持ち合わせており、すぐに意気投合したとのこと。

交際に発展し、2019年の1月末に婚姻届を提出するスピード婚でした。

2015年の芸能生活20年インタビューで、篠原ともえさんは次のように語っていたそうです。

「50代になったら、着物が似合う女性になりたい。着物をデザインしている人になるのが目標です。あと、ご縁があれば、星の王子様にめぐり会いたいと思います。そして孫をシノラーにさせたい(笑)」

引用:eltha 2019.05.04

2022年5月の受賞は、まさに以前からの夢を叶えた形となり、最高の伴侶に巡り合えたといえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク 



篠原ともえのデザイナーとしてのキャリア

篠原ともえさんがデザイナーとして活動をはじめたのは、彼女が18、19歳ぐらいの時で、初めはコンサートの衣装を作らせてもらうことからスタートしたようです。

実は彼女は、高校もデザイン専攻で、短大では服飾、デザインについて専門的に学んでいたことから、徐々に衣装のデザインの方に興味を持つようになったとか。

2013年には松任谷由実さんのコンサート衣装を手掛けるようになり、チームでのモノづくりをスタート。

その後、地道に実績を積み上げながら、最近では、紅白歌合戦に出場した水森かおりさんの衣装も手掛けられています。

紅白衣装

スポンサーリンク 


篠原ともえの才能がさらに磨かれたのは旦那の影響?

篠原ともえさんは、2020年に旦那の池澤樹さんとデザイン会社「STUDEO」を設立されました。そのことについて、mercari MAGAZINEの取材で次のように語っています。

会社を立ち上げたのは、主人と出会ったのが大きいです。彼は広告業界のアートディレクターなので、自分たちが作ったものが世の中でどうワークするのかを一番に考えて来た人。
この姿勢は自分にはないものだったから、すごく影響を受けました。

それまで、私のクリエイションは楽しさや嬉しさという感情が大部分を占めていたのですが、もう一歩、世の中に踏み込んだものを作ってみたいと思うようになりました。30代の時までは、そんなこと考えたこともないというか、畏れ多かった。でも、40代に近づいていくなかで、個人の範囲で収まらない大きなモノづくりができたらと思うようになっていったんですね。社会性をはらんでいる、というか。

スポンサーリンク 



まとめ

今回は、篠原ともえさんの旦那さんについて、職業から馴れ初めまでを調べてみました。

元々デザイナーとして活動していた篠原ともえさんが、旦那さんと出会うことでさらにセンスに磨きがかかり、今回の受賞に至ったとも考えられます。

いまや世界で認められたデザイナーとして活躍する篠原ともえさんの今後に注目ですね!

スポンサーリンク 


コメント

タイトルとURLをコピーしました