NBA渡邊雄太選手の年俸は2億円超え!スポンサー契約で年収は合計6億円超えも!

渡邊雄太エンタメ

NBAの渡邊雄太(わたなべゆうた)選手が、5月27日にフリーアナウンサーの久慈暁子(くじあきこ)さんと結婚されたことがニュースになりましたね!

これからは選手として活躍する傍ら、一家の大黒柱として家計を支えていく渡邊雄太さんですが、気になるのは現在、どれくらいの年俸があるかということ。そこで、今回は渡邊雄太選手の年俸について調べてみました。

スポンサーリンク 


渡邊雄太選手の2022年度の推定年俸は?

2021年4月にNBAのトロント・ラプターズとの本契約を勝ち取った渡邊雄太選手。その時の喜びをご本人がTwitterで投稿されています。

世界で4億5千万人いるといわれるバスケットボールの競技人口。その中で選ばれし約450人が集う最高峰のリーグNBAの年俸は高額であることで有名です。

NBAには最低年俸が設定されていて、その額はなんと162万ドル!日本円にすると2022年5月の為替レートで約2億円にものぼります。

最低限約2億円ということは、渡邊雄太選手の評価によっては、それ以上の年俸が支払われていることになるわけです。

実際に、渡邊雄太選手は2021年~2022年のシーズン中、38試合に出場し、163点という成績をマークするなど活躍されています。

ただし、具体的な契約金額については残念ながら、チームの方針によって明らかになっていません。

とはいえ、最低2億円以上という一般的なサラリーマンが一生かけて働いて稼ぐような金額を、27歳の渡邊雄太選手はわずか1年で稼ぐわけですから脱帽です。

スポンサーリンク 



渡邊雄太選手はスポンサー契約があり年収はさらに高額!

見逃せないのは、渡邊雄太選手は本業のNBAでの稼ぎに加えて、CM出演などによるスポンサー契約の収入があることです。

具体的には、2022年現在「NIKE」「LEXUS」「サンクロレラ」「ネットブラウザBrabe」といった名だたる有名企業と契約されています。

各社からの報酬については明らかになっていませんが、同じくNBAで活躍する八村塁選手のスポンサー契約を例にとると1社あたり、推定1億円以上のスポンサー契約料が発生していることも予想できます。

7つのパートナーの内訳を見ると、グローバルスポンサーが米ナイキの「ジョーダン・ブランド」、NEC、NBA公認のバスケットボールゲーム「NBA 2K」、カシオ計算機、日清食品、日本限定のスポンサーがソフトバンクに三井住友銀行と、著名な企業やブランドなどがずらりと並ぶ。

八村が今シーズンにこうしたスポンサー契約から得る収入は、フォーブスの推計で1000万ドル(約11億円)の大台に達するもようだ。

引用:Forbes Japan

もちろんこれは、八村塁選手の知名度や活躍ぶりによるところもあるかと思いますが、メジャーリーグの大谷翔平選手やスケートの羽生結弦選手も同水準のスポンサー契約料を受け取っているともいわれており、信ぴょう性は高そうです。

つまりは先ほどの最低2億円のバスケットボールでの年俸とスポンサー契約料を足すと、年収は6億円超えも十分に考えられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク 


渡邊雄太選手が駆け出しだった2018年度の推定年俸は?

ちなみに、渡邊雄太選手がNBAでプレーを始めた新人の頃の年俸がどのくらいだったかについても調べてみました。

渡邊雄太選手は2018年、当時24歳の時にNBAチーム「メンフィス・グリズリーズ」と2Way契約を結びました。

2Way契約とは、NBAの各チームの傘下チームである「Gリーグチーム」に所属しながら1シーズン中、最大45日までトップチームである「NBAチーム」に所属できる契約のことです。

ちなみにこの制度は、2017年から新たに導入された制度で、当時は各チームは最大2名までしか2Way契約選手を保有できないというルールがありました。

2Way契約選手の年俸がどのように決まるかですが、「Gリーグチームに帯同した日数」と「NBAチームに帯同した日数」の合計額で決まります。

もちろん、上位チームであるNBAチームに帯同した日数が多いほど、年俸は多くもらえるわけですが、渡邊雄太選手は2018年、約2,500万円の年俸を受け取っていたといわれています。

当時は今の年俸の約10分の1程度なわけですから、まさに現在の超高額な年俸は本人の努力で勝ち取った成果といえます。

スポンサーリンク 



渡邊雄太の年俸はとてつもなかった

今回は渡邊雄太選手の気になる年俸について調査しました。

これほど稼がれているのであれば、何かとお金がかかる新婚生活もまさに安泰といえるでしょう。

これからの渡邊雄太選手のNBAでの活躍にも大注目ですね!

スポンサーリンク 


コメント

タイトルとURLをコピーしました